【モンハン】お守りガチャの歴史!護石ガチャ仕様と当時の周回方法まとめ

ネットの反応
トライの上位火山は採取ツアー的な物が無かったから、適当な火山クエで掘ったら3乙して帰るって感じだった
採取ツアーじゃないから秘境探索術が乗る
お守りが出るポイントで掘ったらモンスターにやられるか、火山のダメージか
装備もレザーGとか防御が低いものですぐ倒れるようにするとか
欲しい物のためにソロでもフレンドでも頑張る
これがモンハンの醍醐味よ
お守りを掘りに行くより、錬金で予約しといてクエスト行けば出来上がる今の環境の方がやりやすいなぁなんて思ってたりします
もう少し確率よければもっといい
メインの神おま出た時に脳内で英雄の証流れるのは私だけじゃないはず
いいもんが出りゃそれでいいけど血眼になって探すようなもんじゃねえって認識かな
ブラキ苦手だからダブルクロスでブラキが最後効率だと知ったら絶望した覚えが
装飾品ガチャ帰ってこないかな。ゴールがあるのは気が楽なんだよね。お守りと違って配布もあったから、モチベが下がることなくコンプリートできるまで周回できたわ
モンハンライズから始めたエンジョイハンターです
レア度10とレア度7がほぼ同じに感じるんですが、そういうものなのでしょうか?
文字通りお守り(お護り)って意味ですか?
いつの時代も時間稼ぎしたい雲影と速く手に入れたいプレイヤーの攻防戦。しかしサンブレの確率は凶悪過ぎひん?上位おまではスキル指定できんし沼を加速させてる

タイトルとURLをコピーしました